目の病気にかからないためにコンタクトレンズのケアをしましょう

コンタクトレンズのケアの仕方。日頃のケアは大切です。 - 覚えておきたいコンタクトのレンズケア

覚えておきたいコンタクトのレンズケア

コンタクトを長く使っていると埃や汚れなどが付着してしまいます。汚れだけならまだ良いですが、雑菌が繁殖して不衛生になることもあるのです。目の病気に掛かるおそれもありますので、定期的なレンズケアが必要になります。

レンズのケアは欠かせない

コンタクトではレンズケアが欠かせません。怠った場合のリスクは非常に高く付くため、毎日洗浄するようにしましょう。しかし、間違った方法でケアすると、レンズが傷つくおそれがあります。

洗浄液を使いましょう

一番簡単なレンズケアの方法が洗浄液です。コンタクトを浸しておくと、汚れが取れ殺菌ができる商品になっています。完全に除去できる訳では無いですが、手軽にレンズケアできるので時間がない方は検討してみましょう。

石鹸でこすり専用液で洗い流す

洗浄液を使わない場合、自分の手で一つずつコンタクトを洗っていきます。ケア用の液に浸したレンズを手のひらに取り、石鹸を指になじませてこすり洗いしましょう。両面しっかり洗うことが重要です。洗い終わったら、先ほどのケア用の液で石鹸をしっかり洗い落とします。

ワンデータイプは不要

使い捨てタイプもレンズのケアが欠かせませんが、基本的にワンデータイプのものは不要です。元々1日で使い捨てるものですので、レンズケアをする必要がありません。また、ケアしたからといって翌日も使える訳ではないので注意が必要です。ワンデータイプは必ず1日で使い捨てましょう。

怠ると目病気になる可能性も

rhtrs
コンタクトのレンズケアは面倒かもしれません。しかし、ケアを怠ってしまうと感染症などの病気になるリスクがあります。目の充血やかゆみにつながる場合もありますので、毎日使い終わったらレンズをケアしましょう。
これからコンタクトを購入される方も多いと思います。しかし、どうやって選んだらいいか迷ってしまうのではないでしょうか。コンタクトは正しく選ばないと視力に影響を与えるおそれがあります。そのため、正しい選び方を覚えることは必須と言えます。

レンズの交換頻度に合わせよう

まずレンズをどの程度の頻度で交換するか考えてみましょう。従来のコンタクトは1年半が目安と言われています。使い捨てタイプは1日〜2週間まで幅広いですが、手間にも関わってくるため、最初に交換頻度を決めておくと後で苦労せずに済みます。

視力はどれくらいか

現在の視力はどれくらいでしょうか?視力によってコンタクトに必要な度数は変化します。極端にかけ離れた度数のコンタクトを選択すると、視力が低下してしまう可能性があります。眼科で検査を受け、自分に適切な度数を知るようにしましょう。コンタクトを選ぶ際は最も重要なことです。

使い捨てるか否か

従来型のように長期間使えるタイプか、それとも使い捨てのコンタクトにするか決めましょう。使い捨てはドラッグストアやネットの通販で購入できるため、現在では主流になっています。ケアの面でもメリットが多いため、特にこだわりがなければ使い捨てのコンタクトを選ぶのがおすすめです。ただし、度数が合っていないと視力低下を招くおそれがあります。

眼科で選び方を聞いてみるのもおすすめ

初めてのコンタクトレンズ選びは大変です。何の知識もなく適当に選んでしまうと、結局目に合っていないこともあります。従来型・使い捨てのどちらを選ぶ場合でも、眼科で医師に選び方のアドバイスをもらうと良いでしょう。適切な選び方はもちろん、レンズケアの方法も指導してくれます。